足立仁十郎

ホーム足立仁十郎を追う>肖像画

●足立仁十郎の肖像画
  兵庫県山東町与布土の玉林寺に伝わる「会津藩士像」。足立仁十郎、66歳時の肖像画。
  「玉林寺」は仁十郎の菩提寺でもある。

・玉林寺に伝わる仁十郎66歳時の肖像画
 本肖像画所蔵者の権利を守るため二次使用防止の当サイト名すかし文字をいれています。あしからずご了承ください。
・左肖像画の家紋部分を拡大

○肖像画の裃と小袖の家紋部分を拡大した右上写真には興味深いことがある。
  ・裃の家紋(花菱のような家紋) は長崎にある足立家墓所の門柱に彫られた家紋と同じ。
   仁十郎の墓にもこの家紋が彫られている。

  ・小袖についてる家紋は「三つ葉葵」。会津藩の家紋も「会津葵」と言われる三つ葉葵だ。
   この小袖は、おそらく会津公からの拝領の品なのではないか?
   会津藩の財政基盤の一つでもある和人参貿易を一手にとりしきる会津藩御用達である足立仁十郎を、
    会津藩も厚遇をもって応えていることの証でもある

 


 

 

長崎微熱  http://50s.upper.jp

 

 

製作・著作:平野惠子
※このサイトの記事を引用や転載される場合は本サイト名とリンクを表記することで許可いたします。