佐古、梅ケ崎招魂社の歌

ホーム佐古招魂社佐古・梅ケ崎招魂場の歌があった。

タイトル一覧
会津藩御用達足立仁十郎
佐古招魂社に眠る人々
長崎と西南戦争
長崎と幕末明治
 
 
 
コラムアーカイブ
長崎微熱人から

http://50s.upper.jp

振遠隊戦士遺髪碑について
振遠隊戦士遺髪碑 碑文顕彰
・梅ケ崎招魂社に合祀された振遠隊隊士名簿

「梅カ崎・佐古招魂社」に関する調査の話

そこに 「振遠隊戦士遺髪碑」 という碑がある。
戊辰戦争時、新政府軍の奥羽鎮撫隊は秋田で周辺諸藩の攻撃を受けて苦戦していた。
鎮撫隊副総督の沢為量は、養子で長崎府知事の沢宜嘉に援軍を要請した。
地役人の師弟や龍馬亡き後の一部海援隊隊士などで組織された「振遠隊」隊員318名、医官、会計、夫卒などを加え総勢361名。
慶応4年(明治元年)7月19日、イギリス船フィーロン号に乗って長崎港を出発。7月23日、秋田県男鹿半島船川港に上陸した。8月南樽岡の戦闘で10名 が戦死。8月28日、米沢藩、9月15日仙台藩が降伏。10月10日、鎮撫隊は振遠隊を先頭に、盛岡城の明け渡しにたずさわった。その後、2月12日京都 で栄誉を賜り12月20日、ロシア船コレア号で長崎に帰還した。
翌年(明治2年)2月、旧長崎奉行所組下の5名、仕官格で振遠隊2名、水夫19名、火焚8名、楽正1名が軍艦「朝陽艦」に、水夫15名が「春陽艦」に乗船 を命じられ長崎港を出航。4月17日、松前城を攻撃、5月6日から箱館攻撃に参加。5月11日、旧幕府軍(榎本軍)軍艦「蟠龍」の砲撃で「朝陽艦」が撃沈 され、副艦長夏秋又之助以下51名が戦死した。その中で長崎から「朝陽艦」に乗り込んだ28名のうち26名が戦死した。
「振遠隊戦士遺髪碑」は、秋田での戦死17名と函館での戦死26名を称えて建立されたものだ。




幸運にも活字で起こしたものを手に入れたので、碑文を読み下ししてみた。
以下のようなことが書かれていた。

振遠隊戦士の遺髪の碑
  鹿島の谷口中秋が撰ぶ

長崎府の兵を振遠隊という。
明治元年、知府の澤公により隊兵に、官軍に従って奥羽の賊を征する勅を伝う。
七月十九日、我が兵の一大隊は、蒸気船に乗り長崎を発す。
総督九条左大臣、醍醐少将及び澤公にまみえて命を受く。
左大臣は旗章を賜う。
直ちに兵を進め、平鹿軍に到り岩崎川に戦う。戦は最も激しい。陣を最上口に進む。この時、米澤の賊降る。官軍は越に向い、我が隊は更に南部に向かわしむ。国見坂に戦いて岩手軍を攻む。
南部氏、降るを乞う。よりて進み、盛岡城に入る。既にして奥羽の諸城は皆平らぎ、王師、凱旋す。
総督府は我が隊に命じて、将て挙げて近衛兵と為さんという。
しばらくは、此れに在りて命を待つ。是において総督府の守兵となる。
この役に戦死する者は、士官にては西知彰等七人、兵卒にては峰宗之等十人なり。
箱館の役には、我が隊は、朝陽艦に乗りこれに赴う。
海上を転闘して進み箱館に低り、戦艦忽かに沈む。楽生二人戦死す。
此の年十二月二十六日、長崎小島郷の楠公社の脇に、新たに招魂場を築き,此に遺髪を葬る。
嗚呼、奥羽の捷は六軍の勤皇の功によると雖も、蓋し亦、我が隊の戦死する諸人の力に非ずと
謂うべからず。
吉村元善は、これまでに隊の中にあり。隊長石田栄吉及び同志と謀り、場中に石を建て、余に記すことを乞う。元善は、余の門人にして、現は陸軍少尉なり。
銘に曰く

為忠義鬼  為勤皇師 死生莫愧
永隣楠祠  岡高海緑  魂乎安之


明治十二年十二月二十六日   (中国)江蘇の子琴銭懌が書す





碑文を考案した谷口中秋とは、谷 口 藍 田とも称された。有田出身の儒学者。
青年期に広瀬淡窓や羽倉簡堂らに学んだ。佐久間象山らと交わり、内外の事情にあかるかった。明治維新前後は副島種臣、大隈重信らと共に国事に奔走したが、 病を得て帰郷した。明治2年鹿島藩主鍋島直彬の招きで藩校弘文館の儒師兼藩の権大参事に任ぜられた。廃藩後は鎔造館に教授し、また家塾を開いた。沖縄・熊 本・大阪など各地で経書を講じ、明治27年以降は東京で藍田書院を開いた。
おそらく碑建立時は、明治政府も一目置く国学者だっだったのだろう。
文字を書いた子琴銭懌については、まだわからない。


ずいぶん前から、戦死者の名前などが書かれているものを探していたが、やっとわかった。
肩書き、氏名、年齢、没日、戦死場所などがわかったが、氏名だけ以下に記しておこう。
この戦没者のほとんどは長崎出身者、没時の年齢も15歳から42歳まで。朝陽艦戦死者の多くは長崎海軍伝習所で新しい操船技術や蒸気機関の扱いを習った長崎出身の水夫たちだと思われる。

秋田出兵戦死者
島田虎次郎、 峰仙右衛門、 西賢次郎、 服部巳之助、 古川重五郎、 緒方安市、 松田重助、 宮下鐵彌、 矢島廣助、 伴為助、 堀川立造、 田川熊三郎、 福田榮之助、 正封源三郎、 岡崎程蔵、 江崎左平次、 坪田清三郎
朝陽艦戦死者
本庄豊馬、 牛島鹿之助、 野村全吉、 鬼塚麟太郎、 山脇大三郎、 山口亀三郎、 二木岩吉、 櫻木嘉一郎、 横田喜助、 松尾由太郎、 安賀庄 三郎、 馬場農次郎、 矢野順作、 谷口吉蔵、 高村由太郎、 石丸善之助、 堀勝平、 山口政八、 松尾重吉、 辻伊兵衛、百次郎、力三郎、梅太郎、茂 十、繁蔵、惣市

この名簿に、自分の先祖のお名前を発見した方はコメントに書き込んでくださいね。分かっている部分を個人的にお知らせします。(一応個人情報だからね。)

佐古招魂社祭祀者データベースが別ページにあります。ここをクリックしてください。
(祭られている人々の名前や出身地などをデーター化)







HOME  もどる
長崎微熱  http://50s.upper.jp

 

製作・著作:平野惠子
※このサイトの記事を引用や転載される場合は本サイト名とリンクを表記することで許可いたします。